実績・メッセージ

   私、藤原成久は、筑波大学在学中は気象学を専攻しておりました。卒業論文のテーマは『火山爆発が成層圏オゾンに及ぼす影響』です。卒業後は自動車販社に6年半在籍(営業職として3年、販促企画スタッフとして3年半)した後、29歳で脱サラして独立系FPとなりました。コンサルタントとしての事業の他、教育事業に強く関わりを持ってきた結果、私はいつの間にか先生と呼ばれるようになりました。

   このような私の経歴から是非とも皆さんにご想像いただきたいのは『FPは決して難しいものではない』ということです。

   私が講師としての経験を積んでこられたのは偶然だと感じています。ご縁あって国士舘大学で公開講座の講師を務めたことをきっかけに、大企業や労働組合からの講師依頼が急増しました。それ以来組織的な金銭教育事業に携わりつつ家計運営に必要な金銭知識について研究を進めて参りました。その間、一部上場企業にお勤めになられている個人だけでも家計相談を2000件以上受け、家計を分析しその変化を見てきました。私以上にキャッシュフロー分析を時系列的に行ってきたFPは他にいないだろうと自負しております。

   私は、10年間の経験を踏まえてはっきりと申し上げることができます。日本で生活してきたから知らないだけのほんの“少しのコツ”を踏まえ、日本で生活してきたから受けてこなかっただけの“少しの教育”を受ければ、(大企業にお勤めの方であれば)誰でもファイナンシャルプランニングのある生活をスタートすることができます。 私が培ってきたノウハウを惜しみなく御社にご提供します。

講師実績(敬称略)

教育機関 国士舘大学
東京ファイナンシャルプランナーズ
国の機関 文部科学省共済組合
企業 電通
東京スバル  等
労働組合 キヤノン
KDDI
エプソン 等
ページTOPへ