従業員満足度と解決策

   あなたが求めている解決策は、きっと“FP教育プログラム”の構築とそれを効果的に機能させるための“組織デザイン”です。

   マーケティングの世界において、企業は、個人の多様化に対して社外的にも社内的にも対応することが必要だと言われています。
   そのうち社内的には、少子化、高齢化、介護問題、環境変化の急速化、従業員の価値の多様化などを背景に進められた法整備に合わせて、既に社内福利厚生制度を整えているはずです。よって、この先何か整備しなければならないといった制度はほとんどない。

   御社もそのような状況ではないでしょうか?

   それゆえに担当者として『なのに従業員の満足度は上がらない。もう会社がすべきことはやった。あとは従業員の自己責任でなんとかしてもらうしかない。』といった結論に至っていませんか?

   もしそうだとしたら・・・

   あなたは、初めてドラクエ(RPGゲーム)で遊ぶ子供に対し、説明書も攻略ガイドを渡さずにゲーム機とソフトだけを渡して、『リセットしないでエンディングにたどり着きなさい』と言っているようなものではないですか?

   効力の分からない制度を説明されたところで、従業員は満足できません。

  きっと御社に必要なのは、従業員が人生を歩んで行く上で家計を効率的に運営するためのガイドライン、“FP教育プログラム”の構築とそれを効果的に機能させるための“組織デザイン”です。

ページTOPへ